也罢

 

降しきる雨 変わらぬ空模様

雨一直下 天色也不曾改变

灰色の街の中で あの人に出逢った

灰暗的街道中 与那个人相遇

私には気付かずに 通り過ぎる足音

像是没注意到我 擦肩而过的脚步声

そっと声をかけて振り返る 楡の木の下で

在榆树下 我回头叫住了她

このまま少しだけ時計が止まればいいのに

要是时间能够像这样 稍稍停顿就好了

何気ない言葉が耳元を擽ってく

不经意间的话语在耳边骚动

 

閉じた傘から落ちる雨水でつづる恋文

从还没撑开的伞漏下的雨水 写成了情书

「少しずつ 少しずつ 好きになっていきます」

“一点一点,一点一点,渐渐变得更加喜欢”

降り続く雨に儚いこの想いを霞ませて

不停落下雨朦胧了这份脆弱的思念

 

降しきる雨 午前零時の鐘

雨一直下 午夜零点的钟声响起

あの人 今夜は何をしていますか

那个人,今晚又在做什么呢?

熱い紅茶の中 くずれてく角砂糖

向滚烫的红茶里洒落砂糖的碎末

私の心にも広がる 甘い記憶

甜蜜的回忆也在我心中逐渐漾开

眠りにつく前は 夜空を眺めて思い出す

进入梦乡之前 眺望着夜空回忆泉涌

檸檬のような月に恋心打ち明けて

向柠檬一般的月说尽爱慕的心情

 

曇った硝子窓 溜め息でつづる恋文

模糊的玻璃窗前 叹息写成了情书

「少しずつ 少しずつ 好きになっていきます」

“一点一点,一点一点,渐渐变得更加喜欢”

真夜中の匂いとやさしい雨の音に目を閉じる

在深夜的气息和温柔的雨声中 我闭上了眼


评论
热度(1)
Top

© 一只拧巴的熊 | Powered by LOFTER