也罢

 

見覚えのある レインコート
眼前的这件雨衣 似曾相识
黄昏の駅で 胸が震えた
站在黄昏的车站 心悸动不已
はやい足どり まぎれもなく
那急促的脚步 毫无疑问
昔愛してた あの人なのね
就是我过去曾爱过的那个人啊
懐かしさの一歩手前で
离我开始怀念还有一步之遥时
こみあげる 苦い思い出に
苦涩的回忆却涌上了心头

言葉がとても見つからないわ
怎么也找不到要说的话了
あなたがいなくても こうして
即使没有你在身边
元気で暮らしていることを
我也能这样好好的活着
さり気なく 告げたかったのに......
明明想这样若无其事地告诉他
二年の時が 変えたものは
两年的时光 所改变的
彼のまなざしと 私のこの髪
是他的眼神和我这头长发
それぞれに待つ人のもとへ
人们正赶着回到等待自己的人身边
戻ってゆくのね 気づきもせずに
他也正要回去吧 竟没有发现
ひとつ隣の車両に乗り
我独自坐在隔壁的车厢
うつむく横顔 見ていたら
看见你垂着头的侧脸
思わず涙 あふれてきそう
眼泪忍不住就要留下来
今になって あなたの気持ち
事到如今你的心情
初めてわかるの 痛いほど
我也终于痛切地体会到了
私だけ 愛してたことも
曾今的你只爱着我一个人
ラッシュの人波にのまれて
淹没在拥挤的人群中
消えてゆく 後ろ姿が
渐渐消失的背影
やけに哀しく 心に残る
过于哀伤的残留在我的心里
改札口を出る頃には
走出站口的时候
雨もやみかけた この街に
这城市里的雨也快要停了
ありふれた夜がやって来る
又一个平凡的夜晚就要降临了


评论
热度(3)
Top

© 一只拧巴的熊 | Powered by LOFTER